社長ブログ

暴力上司にいじめられていた日々・・・!?

人生は時折り、オセロゲームに例えられます。

 

この世に誕生した時は、自分が不幸だと

思う赤ちゃんはいませんから、

これは〇です。

 

しかし、年齢を重ねるにつれて、

良いことばかりが続くとは限りません。

 

病気になったり、成績不振に悩んだり、

失恋したりと、むしろ●のケースのほうが

多いと(私を含めて)感じられる人が多いでしょう。

 

そして現在も●の状態が続いているとすると、

これまでの人生すべてが黒く塗りつぶされた

ような気持ちになりますよね。

 

ところが、ここでハッピーな出来事が

起こったとします。

 

そうすると、それまでの苦しかった日々も

思っていたほど憂鬱なものとは見えなくなり、

 

むしろ、よく頑張ったと自分を褒めて

やりたい気分になるものです。

 

つまり、これまで●だったものが〇に転じて、

全部が白丸になるのです。

 

これは、私がこれまでにあまり話したことのない

実話ですが、

 

「以前、私が勤めていた建設会社の直属の上司

(現場の作業所長さん)に非常に嫌な人がいました。

 

入社1年目の私の、ちょっとしたミスにも

カンカンに怒鳴って、無能呼ばわりするのです。

 

それだけではなく、私に対して殴る・蹴る

などの暴行をほぼ毎日繰り返していました。

 

当時は私も毎日、辞めることばかり考えて

いたように思い返されます。

 

でも、それで何とか見返してやろうと思って

必死に頑張り、最後まで逃げ出さずに

その現場の竣工までやりきりました。

 

そして念願だった一級建築士も若くして

合格することが出来ました。

 

ところがある時、自分の人生をふと振り返って、

どうして自分があれほど発奮できたのかを

考えていたら、

 

やはりあの上司からいじめられたから頑張れた

ということに気がついたのです。

 

そう思うと、あの上司に対しても

それほど悪くは思えなくなりました」

 

私の場合も、オセロと同じように

現在の〇で過去の●を〇にすることが

できたケースと言えるでしょう。

 

人生には指針がなく、時には暴走したり、

間違った方向に進んで●をもらうことが

あります。

 

しかし、●はいつまで●ではなく、

〇にも変えられるのだということを

私は実感することが出来ました。

 

先日、山口県にて、役場から一般町民へ

4,630万円の誤送金事件がありました。

 

世間的には、返さないと主張する本人から

何とか取り返そうと頑張っている行政の

姿が取り上げられていましたが、

 

私は、その行政のたった一つの誤りが

一般町民の人生を狂わせてしまった、

という事が残念に思えてなりません。

 

この人の●も、いつか〇で逆転されることを

願っている次第です。

 

(参考文献:小田全宏 ウィークリーコンパス)

 

 

投稿日時:2022.07.03|投稿者:iwashita

霊感はほぼ無い私ですが・・・!?

こんにちは! 異常気象ともいうべきか

今年の梅雨明けは私の生きてきた経験上、

最速でしたね。

 

家づくりの現場では、梅雨が明けてから猛暑なのも

大変ですが、雨が降るよりは全然いいので

良しとします。

 

夏は暑いけれども、楽しいイベントなども多く

開催されるので私は好きな季節です。

 

でも、もう下の子も高校卒業したので、

子ども達と出かける機会も減りました。

 

子育て中のご家庭では、お祭りやプールなど、

楽しみなお出かけの機会がぐっと増えてきますね。

 

さて、少しでも暑さを和らげられればと思って

涼しくなるお話しを…。

 

私は小さい頃から怖がりでしたが、霊感は

強くない方です。そんな私に偶然かもしれませんが、

変わったことがありました。

 

今から12年前の7月に、高校時代に3年間クラスが

一緒だった同級生が亡くなりました。

 

高校卒業後も当時住んでいた東京で会ったり、

美々津の実家までお邪魔したりと割と仲の良かった

友達だったので、それはショックでした。

 

それから毎年、私は彼女の誕生日になると実家まで、

線香をお供えに訪ねて行っておりました。

 

そんな1年に1度の訪問も、お母さんから

「もう(来てもらわなくて)大丈夫ですよ。」との言葉から、

遠慮させていただくようになり、それからまた数年が経ちました。

 

ある時、美々津まで10分程の場所に建つ現場に

(たまたま)行きました。そして帰ろうとしたときに、

何だか背中がムズムズした感覚がしました。

 

同時にハッと思い出しました。

「じゃった、今日は毎年訪問していた誕生日やった・・・。」

それから私は数年ぶりに彼女の実家に向かったのでした。

 

もちろんアポ無しでしたが、訪ねてみるとお母さんは

数年前と変わらず私が来ると分かっていたかのように、

私を温かく出迎えてくれたのでした。

 

私は今でもあの日の事を思い出すと、きっと彼女が

「たまには顔を見せんね」

と私を呼び寄せたのだと思えてなりません。

 

この歳になってからですが、人は

「自分が出した感情や行動はいつか巡り巡って

また自分のところに帰って来る」と痛切に実感します。

 

どうせ帰って来るのなら少しでも正しい行動をして、

少しでもプラスの感情を出し続けて生きていこうと思っています。

 

良い行いや努力は必ず報われます。

もちろん欲があるのが人間でそれが悪い訳ではありませんが、

 

私利私欲を極力少なくして世のために尽くしていけるように

頑張っていきたいですね。

投稿日時:2022.07.01|投稿者:iwashita

見るのではない、感じるのだ!・・・

まずは、こちらのお客様のお喜びの声から

お聞きください。

 

~ ここから ~

「何でも相談してください!」との

担当者からの言葉に甘えて、私たちの

家づくりに関して、ほんとうに

 

たくさんのアドバイスをいただきました。

これはやはり地元企業の良いところだと

思います。

 

おかげ様で、流行にとらわれなくて、

今の自分たちに合った、「幸せな居場所」が

完成しました。

 

もちろん、出来栄えだけではなく住み心地も

大満足です。今回のお出会いで、家づくりは

ご縁だと実感しました。ありがとうございました。

 

~ 以上 T様より ~

 

この、「お客様の声」で、ハミングホームの

すべてが詰まっているかと思います。

 

ハミングホームがどんな住宅会社かを知りたい

方は、上記を何度も読んでみてください。笑

 

それと、もう一つ、ハミングホームを知る

絶好の機会があります。

 

それは、明日からの「完成現場見学会」に

ご参加されることです。(宣伝を含みます。笑)

 

飾られたモデルハウスではなく、正に等身大の

実際のお客さんが、こだわりをもって

造られた家は、参考にならないはずはありません。

 

もちろん、お客様によって「こだわりポイント」は

人それぞれです。

 

それは、家を見ることによって、必ず感じる

事ができます。 これを映画風に言うと、

 

「(家を)見るのではない!感じるのだ!!」

 

うーん、カッコいい・・・。笑

 

ふざけている訳ではありませんが、

明日から二日間限定となっております。

ぜひ、ご予約の上、ご来場ください。

 

スタッフ一同、お待ちしております。

 

 

 

 

投稿日時:2022.06.24|投稿者:iwashita

ジューンブライドの言われは本当なのか?!・・・

さて、梅雨入りした九州南部地方ですが、

北海道を除く日本において、6月というのは

 

梅雨・ジメジメ・ムシムシ…などといった

マイナスなイメージが定着しています。

 

そんな中、西洋圏からの昔からの習わしからか、

「ジューンブライド」といって、

6月の花嫁は幸せになれる、とのいわれがあるようです。

 

きっとそれは迷信だとは思われますが、

日本人も、そのような言われごとには従ってしまう

文化があるように思われます。

 

大安、仏滅 などもそうですし、方角的な「鬼門」も

建築の世界では嫌われる傾向にあります。

 

少し話がそれましたが、

今週、私ら(夫婦)は「銀婚式」を迎えました。

つまり、結婚25周年という訳です。

 

だから何? と聞かれても困りますが、

一応、25年間添い遂げてきたことを

ご報告しようと思った次第です。

 

これまで、結婚10年、20年と節目を迎えて

きたのですが、

 

今回の節目は、「もう25年、いや、

やっと25年かーー・・・。」

というのが実感でしたね。

 

結婚して25年も経つと分かる事、

それは、(場所的に)

 

離れていたとしても、奥さんは私の

考えていることが分かってしまうのだなぁ

ということです。笑

 

本当にビックリしますよ。悪いことは

出来ませぬ。

 

これはフィーリングを超えて、

年月を重ねた証みたいなものです。

 

結婚してからの年月は、一年一年、

薄い革を一枚ずつ掛けていくような

物のように思われます。

 

その1枚はすぐに破れるくらいに薄くても、

それが25枚も重なると、強靭な何かと

なるのだと思うのです。

 

とりあえず、今週は結婚記念日ウィークとして、

次の金婚式を迎えるまで

努力を重ねていく所存です。

 

家づくりのご相談もそうですが、

夫婦問題に関する相談がありましたら、

私までご相談くださいね。笑

 

 

 

投稿日時:2022.06.17|投稿者:iwashita

映画「トップガン」とハミングホームの共通点とは・・・?!

今日は雨の中、住宅雑誌「スミカ」の

取材があり、私も立ち合ってきました。

 

今回の家も見どころ(写真ポイント)が多すぎて、

家のどの部分を雑誌に載せるかで

大協議となりました。笑

 

取材に来られた、出版社のライターさんも

奥さんとずっと、この家の良いところを

話されていました。

 

そして、リビングの写真を撮る時に、

お子さん3人も入られたのですが、

通常の記念写真と違って、

 

普段の生活の様子を(意識的に)撮られることに

慣れていない子供たちが、少しカチカチに

なっていたのが印象的でした。

 

早ければ7月下旬には発売になるかと

いうことです。

楽しみですね。

 

さて、話はガラッと変わりますが、

今から35年前の昭和62年に高鍋高校を

卒業した私。

 

卒業式は2月28日だったことを

今でも覚えています。

 

その卒業式のあと、一人で観に行った

映画が「トップガン」でした。

 

今でも、卒業式よりも思い出深い

出来事(映画)だと記憶しています。

 

あれから35年・・・。

 

そのトップガンの続編がようやく今年、

公開になり、さっそく観に行ってきました。

 

ひと言、「よくぞ、この映画を作って

くれた、感謝申し上げます!」と

言いたくなる映画に仕上がっていました。

 

おそらく、今回の続編の映画に対して相当の

時間とお金と労力を掛けられて

作られたというのが、手に取るように分かりました。

 

百聞は一見に如かず、気になる方はぜひ、

劇場まで足をお運びください。おすすめしますよ!

 

今日、住宅雑誌「スミカ」の取材中に、

奥さまから言われたことがあります。

それは、

 

「住み始めてから分かったことですが、この

壁の角一つにしても、ハミングホームで建てて

良かった、と思っています。

 

なぜなら、他の人に聞いたら、大手メーカーでも、

オプションなのが、ハミングホームでは

当たり前の標準仕様な所がたくさんですもの・・・。」

 

そうです。ハミングホームも今年で創業54年。

この長い歴史の中で、学んだことは数知れません。

 

それを一つ一つ、造る家ごとにバージョンアップ

しているのが、歴史の積み上げの証拠なのです。

 

ただ、造ればいい、建てればいい、の精神では

ここまでお客様を満足・感動させることは

出来ないでしょう。

 

トップガンの続編を作られた方が、

「絶対に前作を上回る映画を作ろう!」

と頑張って期待を超える作品に仕上げた思いと、

 

ハミングホームの54年の歴史を

重ねて見てしまった、今日の私でした。

 

今月25日・26日の完成現場見学会でも、

ハミングホームの54年の歴史からくるこだわりが

見ることができますので、ぜひどうぞご期待ください!

 

 

 

 

 

 

 

投稿日時:2022.06.11|投稿者:iwashita

休みを死守して、その行き先は・・・!?

6月になり、梅雨入り宣言までカウントダウンと

いったところでしょうか?

 

私の予想では、次に雨が降ったら「梅雨入り」と

なるだろうと思っています。

 

さてさて、梅雨入り前だからという訳ではありませんが、

私もバタバタしております。

 

今日は、先日家づくりの打ち合わせに来ていただいた

お客様の、建設予定地に調査に行ってきました。

 

ご実家の敷地内に建てられる予定という事で、

ご実家に挨拶に行ったところ、お母さまが

待っていてくださりました。

 

ちょうど、その土地の50m先に、私が担当した

6年ほど前に新築したお客様宅があったので、

そんな話題でも盛り上がりました。

 

その後、宮崎市内のショールームにて

お客様と水廻り住宅設備の打ち合わせでした。

 

数年前からリフォーム工事を計画されていたとの事で、

いよいよ今年、着工となるとの事で、

とても嬉しそうな表情が印象的でした。

 

いつもは、きっちりとお昼休みを取る私ですが、

今日は午後イチで、インテリアの打ち合わせが

入っていたので、

 

今日は、帰りの車の中で豪華な?ランチを

いただき、そのままお客様との打ち合わせに臨みました。

 

やっぱり、色決めするにあたり(ハミングホームのように)

ちゃんとしたインテリアコーディネーターがいると、

安心して色決めが進んでいくのがいいですね。

 

これから家を建てられるお客様へアドバイスです。

特にハミングホームでなくてもいいのですが、ぜひ、

 

インテリアコーディネーターさんがいて、色決めを

お手伝いしてくれる住宅会社をおすすめしますよ!

 

さてさて、こんな感じで日々バタバタしておりますが、

こんな私でも、休日は死守するようにしております。

 

先日の休みの日は、昨年の「本屋大賞」にて1位を

受賞した作品が映画化され、先日公開されたので、

観に行ってきました。

 

私の記憶では、昨年この作品「流浪の月」を読んだ際に、

あまりにも感動が大きかったので、このブログでも紹介した

覚えがあります。

 

今年はすでに8本の映画を映画館で鑑賞しましたが、

私の中では、ベスト2に入る作品だと感じました。

 

(ちなみに今年のこれまでのベスト1は

「ゴッドファーザー」です。)

 

内容的には重いテーマにも受け止められますが、

どんな事件・出来事でも、当事者にしか分からない

事が、伝わらないと、

 

こんなに大変だと思わされた映画でした。

非常に分かりにくい感想ですみません。笑

良かったらぜひどうぞ。

 

やっぱり、映画っていいものですねー・・・。

 

 

 

 

 

投稿日時:2022.06.03|投稿者:iwashita

なぜ家づくりには神様に来てもらうのか?!・・・

今日からまた、新しい一週間が始まりました。

 

その始まりの月曜日は、梅雨入りしたかのような雨の

スタートです。

 

昔から、「段取り8割、仕事は2割。ケガと

弁当は自分持ち・・・」と言われますが、

今の若い人たちは知らないでしょうね。笑

 

何が言いたいのかというと、雨が降るなら降るで、

前もってその準備をしておけば、雨が降ろうが

なにも不安に感じないということなのです。

 

さて、先週末の土日は、初めてハミングホームに

ご来社された方が多かったように思われます。

 

ハミングホームでは、家づくりの第一歩に

「資金計画」を一緒に行っております。

 

家づくりの計画で、最も大切なのはこの

資金計画です。

 

なぜなら、どんなに理想のプランが出来上がっても、

それが、予算が足りない理由で建てられなかったら

意味がありません。

 

また、理想的な土地を見つけて先に買ってしまい、

残りの予算で、家を建てると、とてもショボイ家しか

建たなかったら、それもまた意味がありません。

 

なので、ハミングホームでは、家づくりに関する

全てのお金を整理して、お客様にご理解と納得を

していただいて、

 

生活を圧迫させない月々の支払から、建設費の総予算を

割り出しております。

 

この週末で、3組の資金計画を行いました。

いずれのお客様も「こんなの知らなかったです。」

 

「この月々の支払いなら、思い切って家づくりを

前に進めそうです。」

 

「こんな助成金や減税措置があるなら、利用しない

手はないですよね。」

などと、お褒めの言葉をいただきました。

 

私自身、この資金計画にはお客様に満足していただける

自信を持っております。

 

なぜなら、家を建てても、家族でUSJや、ディズニーランドに

行ける方法を伝授しているからでもあります。

 

ぜひ、ハミングホームの「資金計画」を受けられることを

おすすめしています。

 

さてさて、昨日はハミングホームの新築工事の現場でも

「上棟式」が2棟催行されました。

 

同じ時刻で、2棟同時の上棟式でしたので、私は

片方しか行けませんでしたが、雨が降らなくて

良かったです。

 

この時期、コロナの影響で「せんぐまき」をされる

お施主様はめっきりと少なくなりましたが、

神様はきちんと見ていてくださっております。

 

私どもの方で、(式典の大小にかかわらず)しっかりと

工事の安全竣工と、この家に住まわれるご家族の

幸せなる生活を祈願させていただきました。

 

結婚式もそうですが、ささやかでも参列してくださるかたから、

あたたかい心配りをいただけることで、集まった人と、

生まれたばかりの家に、(良い)魂が吹き込まれると思います。

 

そして私どもも、お施主様から、あたたかいおもてなしも

いただきました。

本当にありがとうございました。

 

これからハミングホームの大工さん・職人さん方が

最大の技術と真心を投入して、立派なお家を

建てさせていただきます。

 

今週はまた、着工現場が複数あるようです。

ハードワークな日々が続きますが、

張り切ってまいりましょう。

 

 

投稿日時:2022.05.30|投稿者:iwashita

梅雨のはしりは、晴れを狙い撃ち・・・!?

毎年この時期は、天気が不安定だったり

する記憶があります。

梅雨のはしり、というのでしょうか?

 

晴れると、夏のように暑くなったりと

体温調節というか、体調管理が大切ですね。

 

先週末は、完成現場見学会を開催しました。

経営者的に分析すると、今回の見学会では

偶然にも「飛び込み」のお客様が多数でした。

 

本来、完全予約制ではありますが、会場が

密の状態にならなければ、つまり空きがあれば

そのまま見学することが可能なのです。

 

それで、わざわざお越しいただいても、

お断りすることもあるのですが、

 

今回は、たまたま空いている時間帯に

飛び込みのお客様が来られたので、

運が良かったですね。笑

 

平屋で4人家族のお家でZEHの家。何もかもが

平均的な家で、見学された方はとても参考になられたと

思います。

 

さて、次回の見学会は佐土原町にて、これもまた

平屋のお家です。でも、小屋裏収納があるので、

これも見どころになりますね。

 

しばらくは天気も定周期的になるようです。

晴れの日を狙い撃ちして、効率よく現場も

回ってくれるといいですね。

 

 

 

投稿日時:2022.05.26|投稿者:iwashita

今回の見学会場の「ここだけの話」とは・・・!?

ブログの更新がおろそかになる位に

バタバタしております。

 

そんな中、本来ならゴールデンウイーク直前に

上棟予定だった、新富町のK様邸と佐土原町のK様邸が、

今週無事に上棟となりました。

 

実は連休後も天気が思わしくなかったので、私はヒヤヒヤして

いました。

 

建て方作業の時に必要な、クレーン屋さんに聞いたところ、

「今週は、(どこの住宅会社も)建て方がピークなので、

クレーンの予約はいっぱいです。」

 

とのことでした。やはりハミングホームだけでは

なかったのですね。

 

昨日の佐土原町での建て方・上棟では夕方にお仕事を

終えられたご主人様(お施主様)が現場に来られ、

一日で組みあがった家の骨組み姿に感動されていました。

 

みなさん、基礎の段階では「小さい家」に見える

みたいです。でも、実際に家が建つと、想像以上に

大きな家に、ビックリされますね。

 

さて、話は変わりますが、

明日からの二日間、新富町にて完成現場見学会を開催

いたします。

 

ハミングホームでも人気のZEHの家(平屋)です。

4人家族でお住まいのお家なので、参考になることは

間違いないでしょう。

 

家づくりで大切なのは、飾られたモデルハウスではなく、

実際に住まれる「施工例の家」を見ることです。

 

なぜなら、お施主様の「こだわり」が手に取るように

分かるからです。

 

ここだけのお話しですが、今回の展示会場の家は、

実は、お施主様が、

 

「ぜひ、完成現場見学会を開催してほしい!」

 

と、思われていたそうなのです。

つまり、私たちのこだわりをぜひ、これから家を

建てられる方の参考にしてもらいたい!

 

というご厚意なのです。

 

これはもう、見学させてもらわないと

損です。

 

まだ、予約には空いている時間帯もあるのでぜひ、

1時間のご都合をつけてみてはいかがでしょうか?

 

見学会場にて、スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

 

投稿日時:2022.05.20|投稿者:iwashita

Siriに聞いても分からない・・・!?

ご存じのとおり、ハミングホームは週末の

土日も元気に営業しております。

 

家を建てられるお客様は、土日がお休みの

方が多いので、それに対応している訳です。

(飲食店やサービス業などと同じですね。)

 

ですのでハミングホームは、平日は現場などの

やり取りが多く、日曜日はお客様との打合せ、

そして土曜日はその両方でバタバタするのです。

 

そんな中、今日は来月着工予定のS様邸の

地鎮祭が催行され、私も参列してきました。

 

昨日まで雨続きでしたが、今日は1週間前の

週間予報をくつがえす、雨の降らない日となり、

お客様の「強運」を感じました。

 

1年の間に、20回以上は地鎮祭に参列しますが、

毎回地鎮祭が催行されると、

 

「いよいよ(現場が)始まるなぁー・・・。」

 

という思いになってきます。

きっと、お客様も同じ思いだと思われます。

 

今日は土曜日だったからか、息子さん二人と、

お父様も参列されて、にぎやかなひと時と

なりました。

 

そして、帰社してからはこちらも今月に地鎮祭

予定のお客様と、色決め打合せでした。

 

弊社専属のインテリアコーディネーターさんも、

次から次へと着工予定となるお客様の家の

 

色決め打合せや、プランボード作成に追われている

ようです。

 

でもやっぱり、家づくりにおいて、コーディネーターを

抱えている住宅会社を選んだ方が、絶対にいいと

思います。

 

なぜなら、色のコーディネートのアドバイスを

存分に受けることができるために、失敗が少ないと

思うからです。

 

コーディネーターがいる住宅メーカーならまだしも、

いわゆる、個人経営的な工務店さんで建てるお客さんは、

色決めを全部、いわゆる自己責任でする事となります。

 

かつての弊社もそうでしたが、家の部材の色決めは、

なかなか難しいものなのです。(悩みますよ!)

 

特に、私みたいな、「造る事は得意でも、色のセンスに

乏しい人」に、色のことは聞かない方がマシなのです。笑

 

今回のお家も、素敵なカラーリングでの仕上がりになって、

お客様が満足されることと信じています。

 

そしてその後に、これまた来月着工予定のお客様と

上棟に関する打合せでした。

 

ハミングホームでは、家が生まれる瞬間と認識している

上棟式の打ち合わせを事前に行っています。

 

以前ほど、せんぐまきや、その後の宴会をされる方は

めっきりと少なくなりましたが、ハミングホームでは、

上棟式はほぼ100%行っております。

 

一生に1回となるかもしれない上棟式。簡略化となり、

ささやかでも、精いっぱいのお手伝いをさせて

いただきます。

 

それにしても、私はいつになったら、余裕のある

毎日が過ごせるようになるのでしょうか?

Siriだったら教えてくれるでしょうか?・・・

 

投稿日時:2022.05.14|投稿者:iwashita

アーカイブ

2022/07/03
暴力上司にいじめられていた日々・・・!?
2022/07/01
霊感はほぼ無い私ですが・・・!?
2022/06/24
見るのではない、感じるのだ!・・・
2022/06/17
ジューンブライドの言われは本当なのか?!・・・
2022/06/11
映画「トップガン」とハミングホームの共通点とは・・・?!

月別リスト

  • ハミングホームインスタ! 最新施工事例をチェック!
  • 公式LINE 友だち追加はこちらから!
  • じっくり見て聞きたい!「見学会情報」
  • 見学会 予約はこちらから
  • ハミングホームに聞いてみたい!
  • 【大好評】無料でお届け「あおぞら通信」

まずはこちらをご覧下さい

  • ハミングホームの家づくり
  • 建てた後も安心!アフター/保証
  • どんなスタッフが担当してくれる?
  • 建てた人の感想は?お客様からの声
  • 今までに建てた家は?施工実績紹介
  • ハミングホームはどんな会社?
  • 本を出版しました

家づくりを学びましょう!

  • CHECK1 住宅選びのコツ
  • CHECK2 失敗しない家づくり
  • CHECK3 家づくりへの取り組み
社長直通のお問合わせ

ハミングホーム社長ブログ

  • 毎日が大安!
  • 以前のブログはこちら
  • ハミングホームのfacebook
  • ハミングホームのYou Tube動画

お気軽にお問い合わせください。

電話
0983-33-3455
FAX
0983-33-5289

メールでのお問い合わせ