スタッフブログ

窓は北側を上手に計画しましょう(*^^)v

新築やリフォーム計画中の皆さまへ
知っていて頂きたい内容をお伝えします。

今回は北側の窓についてです。

 

一般に窓と言えば
太陽の光りがサンサンと取り入れると考えますよね。

 

少し覚えていて頂きたいコトがあります。<m(__)m>

 

直射日光は眩しくて
学習や読書にはあまり向いていないという事です。

 

そこで、安定したやわらかい光りの北側窓が有効になります。!(^^)!

(2級建築士の過去問によく出てくるのですが、

北側窓は「均一な採光の確保」に最適です。

2級建築士のワタクシメが言うから間違いないデス(>_<)。)

 

 

昔、工場の窓 は

/|/|/|

↑  ↑

こんな形の高窓で北側の光りを取込んでいました。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

 

 

ノコギリの刃の様な形なので、ノコギリ屋根と言います。

 

 

南の窓は、冬 太陽の熱を取り入れる役割があります。
だから大切です。

 

ですが、
心地よい明るさは北側窓が重要です。

 

熱損失とのバランスを考えて
計画に上手に取込んでは如何でしょうか?

 

↑  ↑  ↑  佐土原町S様邸

北側に張り出した屋根の下は北側高窓がリビングに光を取り込みます。

(*^^)v

南面の広い屋根の上には効率良い角度で太陽光発電が取り付きます。

ヽ(^o^)丿

 

 

 

さて、本題。

今日は新富町富田東でK様邸の材料が搬入されました(^^♪

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

新富町新田ではO様邸が大工工事終盤を迎えていました(^O^)

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

【本日のおまけ。】

今日は変な水栓(蛇口、カラン)。(~_~;)

 

↑  ↑  ↑  廻すとこ、デカくね!(+o+)

 

 

↑  ↑  ↑  なんか詰まってネ~!!<`~´>

 

↑  ↑  ↑  誰か踏んだんじゃねェ~!!(>_<)

 

↑  ↑  ↑  シャワーかい!!(@_@)

 

↑  ↑  ↑  普通じゃねェ!!<`ヘ´>

 

↑  ↑  ↑  そこ廻すんかい!!(~_~;)

 

 

↑  ↑  ↑  どうやって出すんか~い!!(;一_一)

 

 

 

↑  ↑  ↑  ・・・・・・・・・・・・・( ゚̄ ̄) お湯?!

 

 

 

↑  ↑  ↑  出し方はわかるけど・・・(-.-) 井戸水?!

 

 

 

↑  ↑  ↑  ・・・・・飲んで大丈夫?!(゜_゜)

 

 

投稿日時:2016.08.30|投稿者:sakata

親父が一期生です

妻高校卒の清野栄宣です。妻高卒なら、懐かしい記事

 

 

「ババ池」50年ぶり遊泳 妻高水泳部OBら感動

2016年8月29日

 

50年以上前の思い出をもう一度-。西都市の妻高同窓会「聖陵会」(大塚直純会長)は28日、昭和30年代まで水泳部の練習や体育の授業で使用されていた同校校舎北側の「ババ池」で水泳交流会を開催した。同部のOB、OGら約100人が参加し、青春時代を懐かしんだ。

 

 

 

ちなみに、ジジ池もあります。

それと、何故かこのイベントに日章卒の弟が参加してました。

 

 

 

 

 

 

 

昨日、金利のニュース乗せたのですが・・・・

 

 

5カ月ぶり 住宅ローン金利の引き上げ相次ぐ

テレ朝news

 

大手銀行が来月から相次いで住宅ローン金利を引き上げます。

 

三菱東京UFJ銀行は9月から住宅ローン金利を引き上げると発表しました。10年固定の最優遇で、現在の年0.5%から0.6%に引き上げます。業界で最低水準を誇る三井住友信託銀行も0.1%引き上げ、年0.45%とします。また、みずほ銀行は現在の0.65%から0.7%へと引き上げる見込みです。引き上げはいずれも今年4月以来、5カ月ぶりです。日銀のマイナス金利政策導入以降、住宅ローン金利は相次いで過去最低を更新してきましたが、今回は市場金利が一時期よりも上昇していることなどを反映しました。

 

投稿日時:2016.08.30|投稿者:seino

子供からも叱られ(´;ω;`)ウッ…

新学期から始まった、子供の連絡帳

日記を書いたり、読み声を書いたり、寝た時間・お手伝い・親のサインを書く欄があるのですが、

日記に先生の連絡事・先生のサイン欄に親のサインを書いてしまった、子供もより夏休みボケをしている、清野栄宣です。

先生から、赤ペンで『ここに書いてください』と書いてありました(;’∀’)

 

 

 

 

 

 

住宅ローン、借り換えの好機 10年固定で0.35%も
金利引き下げ交渉も要検討
2016/8/28

 住宅ローンを返済中の人に見直しの好機が到来している。住宅金融支援機構の「フラット35」が過去最低金利を付けたほか、メガバンクなど民間銀行の住宅ローン金利も大幅に低下している。借り換え手続きの手間さえ惜しまなければ、返済総額を減らしたり、毎月の返済額を変えずに期間を短くしたりできる可能性がある。同じ金融機関で金利引き下げの交渉をする手もある。賢くローンを見直すためにも、必要な手続きや費用を押さえておきたい。

借り換えとは、いまの借入先とは別の銀行でローンを組んで、元のローンを完済する方法のこと。元のローンより低い金利で借り換えれば、金利が下がった分だけ総返済額を減らすことができる。

大手銀行は8月の住宅ローンの適用金利をこぞって過去最低水準に引き下げた。例えば10年固定型金利の場合、三菱東京UFJ銀行が0.50%、三井住友信託銀行では0.35%と破格の水準だ。長期固定型住宅ローンの「フラット35」の最低金利も0.9%まで下がっている。いずれも日銀のマイナス金利政策の導入からの半年間で一段と低下した。この結果、2~3年前など比較的最近ローンを借りた人でも、借り換えのメリットを出しやすくなっている。

■ネット手続きも

借り換えには複数の必要な手続きがある。(表A)最初にすべきことは借換先の金融機関への申し込みだ。最寄りの銀行の窓口などで現在の借入状況を伝えれば、詳細な試算を出して相談に乗ってくれる。窓口が混み合っている場合もあるため、あらかじめ予約しておくのが無難だろう。

試算などの結果、希望通りに借り換えできる見通しとなれば、いよいよ正式な申し込みだ。その後、審査を経て融資が承認されるが、この手続きには最短でも1週間はかかるとみておいた方がよい。

融資の承認が下りたら、今度はこれまで住宅ローンを借りていた銀行に新しい銀行で借り換える旨を通知し、元のローンを完済する手続きをする必要がある。銀行によっては通知から完済までに2週間程度かかる場合がある。

これらの一連の手続きを終えて、初めて新たに借り換えた先でのローンが実行される。最近はネット上で手続きできる銀行も増え、平日昼間に何度も銀行の窓口に足を運ばなくて済むようになってきた。

借り換えにはローンの保証料などの諸費用が発生する( 表B)。例えば残高2000万円のローンを返済期間25年で借り換えた場合では約55万円かかる。ただし元のローンを借りる時に一括で保証料を支払っている場合、未経過分の保証料は戻ってくる。借り換えにかかる諸費用を節約したい人は、借換先をソニー銀行など保証料がかからない銀行にするのも一手だ。 一方、こうした手間や諸費用をそれほどかけずにローンを見直せる方法もある。今借りている銀行に金利の割り引きをお願いする「金利交渉」だ。同じ銀行でそのまま借り入れを続けるため、諸費用が大幅に抑えられるほか、そろえる書類なども少なくて済む。

■他行の試算を持参

交渉が成功するかは銀行次第だが、「他行の借り換え試算などを持参し、少しでも金利を低くしてくれるなら継続したいと丁寧に交渉すれば、応じてくれる銀行が増えている」とファイナンシャル・プランナーの深田晶恵氏は言う。銀行側にしてみれば、厳しい競争下で獲得した顧客をみすみす他行に奪われるのは避けたいためだ。

金利交渉の場合、どの程度の金利引き下げが実現できるのか。深田氏は「交渉の落としどころは新規のローン金利のプラス0.3%程度」と指摘する。0.3%分が借り換えた場合の諸費用に相当するコストと考えれば、借り換えで諸費用を支払うか、金利分で支払うかの違いになる。

多くの人が20~30年かけて返済する住宅ローンは、一生の資金計画を左右する大事な問題。低金利の今のうちに、返済期間を短縮したり、低い金利で固定したりしておけば老後の生活に向けた安心にもつなげることができる。(浜美佐)

[日本経済新聞朝刊2016年8月20日付]

 

 

 

 

 

 

投稿日時:2016.08.29|投稿者:seino

欲しいもの/その①

今日から新しい1週間が始まりました♪

起床後、新聞を取りに外へ出てみると、

普段よりも肌寒く、日中の青空も青さが

際立っていたように思えます(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、月曜日もフル稼働な工事部の宇田津は

と、言いますと(^^)v

 

 

 

☆仕上工事の進む 様邸☆

今日の青空に栄える外観、内部も順調に

仕上がっております!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆大工工事真っ只中 K様邸☆

本日は電気等のお打合せを有難うございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆屋根工事が始まった S様邸☆

勾配天井としたLDの仕上がりをお楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆解体工事完了 様邸☆

無事に作業も進み、これからの家造りが

良き想い出となりますように♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆まもなく着工 N様邸☆

今日は試掘作業を行いました!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新富町、高鍋町、佐土原町、宮崎市新別府町と

今日はお打合せだけで6件。。。

どこでもドアが欲しくなった今日この頃です(^^;

 

今週も波に乗って、がんばりまぁ~す!(^^)!

 

投稿日時:2016.08.29|投稿者:udatsu

展示会とバイキングのご案内(^O^)

ハミングホームのある新富町富田では、

夏休みも終わり今日から2学期のスタートでした。

富田中学校前の信号機にはいつものように校長先生が旗を持って横断歩道を渡る小中学生を見守ってくれています。

(。`・д・)ご苦労様です☆

 

さて、明日か明後日に届くと思われる『あおぞら通信9月号』にもご案内がありますが、来週9月10日(土)・11日(日)は高鍋町で完成展示会が開催されます!!!ヽ(^o^)丿

 

 

 

約2ヶ月ぶりの開催になります。

運動会シーズンではありますが、帰りにでもお立ちより下さい<m(__)m>

 

その前日になりますが、毎年恒例

『みんなでバイキングに行きませんか?』開催!!!

9月9日(金)午後7時~9時。(景品付きビンゴゲームは8時半頃より)

日頃の感謝の気持ちを込めまして、今年も弊社が約半額負担!!

 

【割引後料金】

大人  2,000円(通常料金3,900円)

中学生 1,500円(通常料金3,500円)

小学生    500円(通常料金2,000円)

4~5歳     0円(通常料金1,000円)

 

 

 

↑  ↑  ↑  弊社会長にも会えますよ!!

 

座席数に限りがございますので、お早めに(+o+)

 

 

 

今日は面白い照明特集!!(^O^)

 

↑ ↑ 置き場所に困りますが・・・

 

↑ ↑ 置き場所がない方に最適(@_@)

 

↑ ↑ 廊下の足元灯として、実用的でもあります(^v^)

 

天井から吊るすにはコレかな?(>_<)

 

↑  ↑  コレは吊るしちゃダメでしょ(~_~;)

 

↑  ↑  延長コードがあれば持って歩けます(-。-)y-゜゜゜

 

↑  ↑  この発想がスゴイ(ーー;)

 

投稿日時:2016.08.29|投稿者:sakata

間違えてないと思います

花火、見る??と聞いてみて、『見る見る(#^^#)』と言うから、BSで放送してた花火大会を見せたら、

体に熱い一撃を感じた、清野栄宣です。

( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

こうすればよかったんだ!“サッシレール”の楽チンな掃除方法

iemo[イエモ]

サッシレールの掃除やっていますか?

窓拭きと一緒にサッシレールの掃除はやっていますか?意外と窓掃除はしてもサッシのレールまではやっていないという方も多いものです。レールは細かな場所が多いですし、ホコリや土が取りづらく手間がかかるので敬遠しがちです。

定期的に掃除した方が汚れも付きづらくなりますが、良いと分かっていてもやれないんですよね。

でも拭き掃除の前に掃除機をかけるだけで劇的に楽チンになるんですよ。

劇的に楽チンに!「サッシレールの掃除法」

1……ホコリや土などの汚れを取り除きます

まずはホコリや土などの汚れを集めて取り除きます。できる限り取り除く方が次の工程が楽チンになります。

いらない歯ブラシや小型のブラシ・ホウキを使ってレールに付いている汚れを剥がし取りながら集めましょう。最後に集めた汚れを掃除機で吸い取ります。

掃除機で汚れの吸い取りが終わったら、最後の最後にサッシレール全体に掃除機をかけるとより汚れが残りづらいですよ。

2……水を入れてブラシでこすって磨きます

掃除機で取れる汚れを取り除いたら、次に水でレールを濡らしてブラシなどでこすって磨いていきます。

こするアイテムは何でもOK!1で使ったいらない歯ブラシを引き続き使ってもいいですし、今ではペットボトルに付けられるブラシなどもあるためそういう便利グッズを使ってもいいですよね。

3……雑巾で水気を取り除いたら完了

最後に雑巾などで磨いて出た汚れや水気を取り除いたら掃除完了です。雑巾の他にスポンジなどで水気を取り除いてもいいですね。

これだけでピッカピカのサッシレールになるんですよ。ホコリや土などの汚れが取りづらくなるのは先に水分を入れてしまうために、汚れがペースト状になって取りづらくなっていたんです。

そのため先にできる限り汚れを掃除機などで取り除くことで、その後に水を流しても汚れが取れなくなってイライラすることもなく掃除できるんです。

「サッシレールの掃除法」の注意点!

水で洗い流してもOK!ただしマンションは注意を

掃除法の最後は雑巾などで水気を取り除いていますが、再度水を使って洗い流してもOKです。その方が手間もかかりませんしキレイになりますよね。

ただしマンションの方は注意が必要です。マンションによっては排水口がベランダにないところもあり、大量の水を流すと下の階に迷惑をかけることも……。状況に応じて拭き取りか洗い流しかチョイスしてください。

頑固な黒カビには「漂白剤×片栗粉」

サッシのレールにはパッキンなどが付いている場合もあり、ところどころに頑固な黒カビが出ることもあります。歯ブラシなどでも取り除けないような頑固な黒カビなら、塩素系漂白剤と片栗粉を合わせて作る特製洗剤を使ってみてはいかがですか?

ただし塩素系漂白剤を使っているため長時間洗剤を付けているとパッキン自体が傷んでしまうこともあります。5分ほどでキレイに取り除いてくださいね。

 

投稿日時:2016.08.28|投稿者:seino

将来のために・・・(+o+)

今日は夏休み最後の日曜日という事もあり、

昨日から24時間テレビがやっていますが、

きっと、あれは夏休みの宿題に追われる小・中学生のためなのでしょう?!

真夜中は物音が気になるので、音量最小でもTVがついていた方が集中できる?!から・・・・

(自論です。)

 

今年も241日が過ぎました。今年も残り3分の1ですネ(~_~;)

 

さて今日28日(日)は新富町でN様邸の地鎮祭がありましたが、

私は担当ではなかったので、事務所でお留守番でした<m(__)m>

 

午後は3時からT様と打ち合わせだったのですが、

社長も、清野氏も3時から打ち合わせ(~_~;)

いよいよ、弊社も手狭になってきました。

 

家づくりも家族が増えることを視野に入れましょう(+o+)

我が家も、今年家族が増えました。

性別はわかりません(T_T)

名前は『ピピ』。白文鳥デス(@_@)

 

 

ストレスなのか、年頃なのか?!

最近、あま噛(が)みします。

時々、めっちゃ痛いです。<`~´>

 

 

【五色の吹き流し】

 

 

ハミングホームでは、上棟式後、せんぐまきをする時は

当日、切ってきたばかりの青竹に五色の吹き流しを付けます。

 

正確には

五色弊(ごしきのへい)の料(りょう)の絹(きぬ)』

と言うそうです。( ..)φメモメモ

 

古代中国の五行説に基づくもので、「森羅万象(この世のすべてのもの)は、五元素である『木・火・土・金・水』よりできている。」と言われるものです。

色で表すと『青・赤・黄・白・黒』

方位で表すと『東・南・中央・西・北』

四方位の霊獣で表すと『青龍(せいりゅう)・朱雀(すざく)・(天位)・白虎(びゃっこ)・玄武(げんぶ)』

季節で表すと『春・夏・秋・冬』

つまり

木・・・青・東・青龍・春

火・・・赤・南・朱雀・夏

土・・・黄・(正中)・(天位)

金・・・白・西・白虎・秋

水・・・黒・北・玄武・冬

と、なるそうです(@_@;)。

 

 

余談にはなりますが・・・

五色の旗は腹帯にすると安産になるともと言われ、

夜のうちに盗まれることもあるとか。

塩釜市の歴史研究家である郷右近忠男氏の著書によると安産のお守りとなる五色の旗はもらってきたのではご利益がないとの事で、上棟式後の夜に旗だけを「しっけい」してくると良いらしいと言う事です。

 

上棟式の翌日に、五色の旗がなくなった場合は、もしかしたらそれは安産のお守りとして使われているかも知れませんね^^;

投稿日時:2016.08.28|投稿者:sakata

私の悪いクセ

読める時間は限られてるのに、どんどん本が増えていく清野栄宣です。

 

まだ、全然手を付けてないです。

なのに、次の本を買ってしまう。悪いクセです。

あっ!!今年は青団だそうです。『ハチマキ縫わないと』とぼやいてる人が居ました。

 

 

 

 

 

険料は助け合いへの参加料 貯蓄にあらず

NIKKEI STYLE

 

一昔前は、職場などに営業に来るセールスの女性から勧められて加入するケースが多かった生命保険(以下、保険)。現在では、インターネットを経由したり、乗り合い代理店に出向くなど、自ら動いて加入するケースも増えています。ところが、勧められる機会がなかった人の中には、全く保険に入っていない人も少なくありません。ムダに入りすぎているのもNGですが、備えておいたほうがいい保障までないのは家計上のリスク。加入する・しないを合理的に判断するためにも、いま一度、保険の特性について確認しておきましょう。

■保険は「助け合い」の仕組み

暮らしの中には様々な「経済的リスク」があります。つまり、予定していなかった経済的損失が急に発生する可能性があるということ。例えば、一家の大黒柱が死亡する、大きな病気で入院するなどが挙げられます。保険への加入は、これらの経済的リスクに備える有効な手段となるわけです。

保険がなぜ有効かというと、加入手続きが整って保険会社の責任が開始されれば、たとえ1回しか保険料を支払っていなかったとしても、契約した保険金額の備えが確保できるからです。もし、積み立て貯蓄で備えたい金額の資金を準備しようとすれば、それなりの長い時間がかかってしまいます。貯蓄では追いつかない備えがすぐに確保できる、それが保険の最大のメリットと言えるでしょう。

と言うと、目いっぱい保険に加入したくなりそうですが、支払う保険料はわが家のリスクのためだけに使われるのではなく、加入者全体の「助け合い」に回るものだということも知っておきましょう。

保険料は、年齢・性別ごとの保険金・給付金支払いの発生する確率、保険事業の運営経費、保険金・給付金支払いに備える積立金の運用収益といった要素の予測をもとに、綿密に算出されています。そして、大勢の加入者から集めた保険料を運用し、運営経費にも回し、死亡や入院などが生じた契約に保険金・給付金を支払います。わが家が支払いを受け、助けられる可能性も十分にありますが、無事に過ごす可能性のほうが確率的には高いことを勘案すれば、延々と誰かを助けるために保険料を払い続けることにもなりかねません。やはり、適切な保障額にとどめて加入しなければ、わが家の家計にとって痛手となるのです。

また今でも「保険に入れば貯蓄にもなるのでは?」と言う人が少なくありませんが、「保険はあくまで保障と考え、資産形成の手段としては使わない」と役割を分けたほうがベター。

確かに、積み立て部分を持つ保険(終身保険、養老保険、学資保険、個人年金保険、祝い金のある医療保険など)はありますが、積み立てに回るのは支払保険料の一部です。前述のように、誰かの保険金支払いに回る部分や運営経費に回る部分が含まれている以上、それらはどうしても掛け捨てになります。かつては積み立てに回る部分の運用収益が掛け捨て部分をカバーできる時期もあったのですが、バブル崩壊後の運用難に続きマイナス金利となった現在、運用収益を上げるのはますます厳しくなっています。また、積み立て部分のある保険は、その分掛け捨て型の保険より保険料を多く払わなければならないのも家計にとっては負担です。

保険料は助け合いの仕組みへの「参加料」であり、将来の見返りを期待するものではないと割り切ったほうがいいでしょう。

■すでに備わっている「公的保障」を確認

適切な保障額で保険に加入するにあたり、ぜひ確認しておきたいのが「公的保障」についてです。国や自治体には、経済的リスクが実際に直撃したときに備え、暮らしの下支えをする制度があります。私たちは全く無防備に生活しているわけではなく、すでに備わっている保障があるわけです。

例を挙げると、まず「公的年金制度」。大半の人が老齢年金として受け取ることになる公的年金ですが、それまでに障害状態になった場合は「障害年金」、死亡した場合は「遺族年金」と形を変えて機能します。生命保険の中心的な役割である遺された家族への「死亡保障」や、働けなくなった場合の収入保障にあたる「障害保障」をも、公的年金制度は担っているわけです。

また、健康保険など「公的医療保険制度」も私たちの暮らしを保障する大切な制度。入院や手術で医療費の自己負担額が高額になった場合の保障や、療養中の収入保障の役割も果たします。

これらの詳しい内容については、次回以降の中で解説していきましょう。

これらのすでに備わっている保障の存在を無視して、経済的リスクのすべてに生命保険で備えようとすれば、保障が過剰になってしまうことが理解できると思います。安心だからと保険に入りすぎれば、過剰な保障のために支払った保険料は、ムダな支出として家計から流出してしまうのです。

■どんな経済的リスクを抱えているか確認し、保険商品を選ぶ

以上のことから、「賢く保険を利用すること」が合理的な家計運営につながることがわかります。そのためには、まず自分やわが家は何が心配かに思いをはせ、今カバーしておくべき経済的リスクを具体的に把握することが重要。

大まかには「死亡する」「障害状態や要介護状態になる」「病気・ケガによる入院で医療費が必要になる」「収入や年金の不足を補う」などが挙げられるでしょう。細かく具体的にイメージすれば、「事故で死亡する」「病気で障害状態になる」「がんで入院する」などいろいろ挙げられるはずです。(このコラムでは触れませんが、火災や自然災害、自動車事故、過失による賠償責任といった損害保険がカバーする経済的リスクも、降りかかったら大きな損失額になる可能性があるだけに、あわせて確認しておきましょう。)

よく「何かあったときのために保険に入る」という加入理由を聞きますが、「何か」の内容をこのように突き詰めておかないと、希望に合った保険商品は探せません。そして、加入を決める前には必ず「契約のしおり」や「約款」に目を通し、心配しているリスクが保障されるのかどうか確認することです。思い込みで「保障されるはず」と期待しても、約款が定めていないこともあります。加入前の慎重さがニーズに合わない保険への加入を防ぎます。

起こりうる経済的リスクを心配し始めると、どれもこれも降りかかってくるような気がするかもしれません。保険会社の商品開発競争が激しい昨今、これまでになかったタイプの商品も登場しており、リスクの存在が強調されると入りたい保険だらけになりそうです。

けれども、あのリスクもこのリスクも保険でカバーしようとすると、家計に負担がかかります。今、最優先で備えておきたいリスクから保険加入を検討しましょう。その上で同等の保障内容なら、保険料が安い商品を探すことも重要課題。また、保険でないとカバーしきれないのか、貯蓄でも備えられるのではないかを検討することも、バランスのいい家計にするためのカギとなります。

次回以降、リスクに応じた保障設計の考え方や商品の選び方を、さらに詳しく取り上げたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

浅田 里花(あさだ・りか) (株)生活設計塾クルー取締役、ファイナンシャルプランナー(CFP・1級FP技能士)。1959年兵庫県生まれ。 同志社大学文学部卒業。日興證券(当時)、独立系FP会社にそれぞれ5年間勤務後、独立。現在は生活設計塾クルーのメンバーとして、資産設計、保障設計、リタイア後の生活設計等のコンサルティングのほか、新聞・雑誌等への原稿執筆、マネーセミナーの講師などで活躍。

投稿日時:2016.08.27|投稿者:seino

想い出(*^^*)

まだまだ暑い日が続いておりますが、

もうすぐ9月に入りますね!(^^)!

暑さ寒さも彼岸までと言われますように、

南国宮崎らしい夏空も、そろそろ見納めです。

 

季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でも

ありますので、皆様もお体にはご自愛下さいませ<(_ _)>

 

 

さて、昨日の8月25日(木)は大安吉日♪

かねてより計画しておりました、S様邸の

上棟祭を無事に迎えることが出来ました(^^♪

 

 

 

【建て方作業】

大型クレーンを使用し材料を荷揚げしながら、

家の骨組みを造っていきます。

工事期間中、最も危険を伴いますので、

職人さんも緊張感を切らさぬよう作業!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【上棟日 当日】

 

心配された天気も回復し、にぎやかな

せんぐまきとなりました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S様 おめでとうございます<(_ _)>

終日を通してのお心遣いと、温かいおもてなしを

本当にありがとうございました!!

 

これから本格的に工事が進んでまいりますが、

地域ナンバーワンの職人とともに夢を形に

してまいります。

どうぞ、宜しくお願い致します。

 

家造りが良き想い出となりますように!!

 

 

 

 

 

 

投稿日時:2016.08.26|投稿者:udatsu

4年3ヶ月ぶり・・・\(◎o◎)/!

昨日は宮崎市佐土原町で上棟式&せんぐまきがありました(^^♪

 

 

 

小学校が近いと言う事もあり?!

少年団の子供達をはじめ、多くの方が来られました!!

 

今回のせんぐまきは、私も大好きな『ウインナーパン』が撒かれました!!

なんと110個もあったそうです(^O^)

子供達も大喜びでした(^◇^)

 

 

そして今日は社内ミーティングの日でした(^-^)

 

月に一度のミーティングなのですが、現場の進捗状況や今後の予定などはもちろん、今後取り入れたい事などが議題になります。

 

お客様に満足して頂くには、どうすればいいだろう?!

そんな事を毎月、半日かけて話し合っています(*^^)v

 

そんな中で弊社社長が『みんなでバイキングにいきませんか?』を

「無料ご招待にしたら、みんな来てくれるんじゃないだろうか?」

と言われたのにはさすがにビックリしましたが・・・

\(◎o◎)/!

 

 

無料ご招待ではありませんが、今年も弊社が一部負担します!!!

9月9日(金)19時~21時は、

『みんなでバイキングにいきませんか?』

 

 

翌日10日(土)と11日(日)は高鍋町S様邸の完成展示会も開催されま~すヽ(^o^)丿

 

 

なんと高鍋町開催は4年3ヶ月ぶりです\(◎o◎)/!

高鍋町の皆さまお待たせしました~~(>_<)

ロンドンオリンピック以来ですョ~(+o+)

 

投稿日時:2016.08.26|投稿者:sakata
  • じっくり見て聞きたい!「見学会情報」
  • ハミングホームに聞いてみたい!
  • 【大好評】無料でお届け「あおぞら通信」

まずはこちらをご覧下さい

  • ハミングホームの家づくり
  • 建てた後も安心!アフター/保証
  • どんなスタッフが担当してくれる?
  • 建てた人の感想は?お客様からの声
  • 今までに建てた家は?施工実績紹介
  • ハミングホームはどんな会社?
  • 本を出版しました

家づくりを学びましょう!

  • CHECK1 住宅選びのコツ
  • CHECK2 失敗しない家づくり
  • CHECK3 家づくりへの取り組み
社長直通のお問合わせ

ハミングホーム社長ブログ

  • 毎日が大安!
  • 以前のブログはこちら
  • ハミングホームの最新つぶやき
  • ハミングホームのfacebook
  • ハミングホームのYou Tube動画

お気軽にお問い合わせください。

電話
0983-33-3455
FAX
0983-33-5289

メールでのお問い合わせ